やっと旅の始まりです

「てるみくらぶ」発券済チケットで自己責任の夫婦旅③

さて、急遽、自分たちだけで旅行しなくてはならなくなった私たち夫婦。ホテルや旅先での移動手段の予約が完了し、ホッと一安心。その他、2つのオプショナルツアーに申し込み、海外旅行保険にも加入してやっと準備完了です。

ところで、保険については、少々すったもんだがありました。てるみくらぶに申し込んだとき、合わせて「チェコ入国には保険加入が必須」との連絡があり、言われるままに申し込みました。航空券以外は全て無効になったと知り、保険証書が手元に届いていましたが、念のため保険会社に問い合わせたところ無効とのこと。返金について尋ねてもはっきりした答えはもらえませんでした。海外旅行の保険は、旅行者の命綱です。「証書があるのに、なぜ、だめなの?」と、全く納得いきません。ただ、保険未加入の状態で出発する訳にはいきませんので、改めて別会社の保険に入り直しました。

もう一つ、私が、海外旅行に行くとき必ず持っていくのが、レンタルwi-fi。特に、個人旅行の場合は、情報収集や道案内などにスマホやタブレットが大活躍。いつでもどこでもwi-fiが使えるのは、大きな安心につながります。それに、夫婦2人で使うのでお得で便利です。私たちは、スマホ2台、タブレット1台の計3台を場面に合わせて活用しました。

という訳で、2日間の怒涛のような準備をすませ、いよいよ出発の日を迎えました。集合は、14:30JR名古屋駅。そこからエミレーツ航空の送迎バスで関西空港へ向かいます。当日は、大型バス2台が来ていましたが、乗客はチラホラ。エミレーツの担当者に聞くと「たぶん、自粛して来ない人が多いと思います」とのこと。そのとき出会った母娘ペアも私たちと同じツアー参加者で、やはりホテルなどを個人手配して参加したとのこと。それまで、なんとなくモヤモヤとしていた気分が、「同志がいた!!」と急に元気が出てきました。

15:00に出発、3時間以上バスに揺られて関空到着。出発間際のドタバタと長時間のバス移動でかなりヘトヘト、おまけに頭痛がしてきたこともあり、ドンヨリ気分で23:45出発までの時間を過ごしました。とはいえ、ここでビジネスクラスの恩恵に遭遇。エミレーツと日本航空はコードシェアしているため、ビジネスクラスの乗客は、日航の「サクララウンジ」が使えます。待ち時間をゆったりした雰囲気の中で過ごすことができ、ソフトドリンクやアルコールの飲み物はもちろん、、サンドウィッチ、焼きそば、カレーなどの軽食も揃っており、スマホの充電もできます。その他、シャワー室もあり至れり尽くせり。そこにいた人たちは、深夜にもかかわらず飲んだり食べたりおしゃべりしたりで、旅の始まり(?) を楽しんでいました。

頭痛は相変わらず続いていましたが、「帰りのチケットがキャンセルになるかもしれない」という不安を抱えつつ、初めてのビジネスクラスに乗り込みました。