成果を収穫、そして、つながる

3月4日(土)に「新世紀岡崎チャレンジ100」の収穫祭がありました。

これは、私が、一昨年の4月から2年間関わってきた事業の卒業式ともいえるイベント。全3時間の前半は「チャレンジ100」に参加した20団体が成果をプレゼンし、後半は一般市民を交えた交流会をしました。

この補助金事業は「一般」「学生」「連携」と3つの部門に分かれおり、審査を通過してゴールまで辿り着いたのは89団体です。この補助金事業の成果を収穫し、来年度以降につなげていこうという目的で開催されました。

団体それぞれが事業の成果と今後の抱負をプレゼン

思い思いに交流。用意した「応援メッセージカード」を介して会話が弾みました

団体の活動写真を貼ったパネルが、会場を盛り上げました。

私も3月末で卒業です。岡崎市のまちづくりは、「この人たちが拓いていく」という思いを強くしたイベントでした。