少しの準備とちょっとした工夫でワークショップは楽しくなる

住民参加型ワークショップの課題

高齢化や防災など地域の課題を解決するために住民が集まって話し合うことが増えています。以前は、限られた人たちで議論しその結果を住民に伝え実施するといった形が一般的でしたが、近頃は住民参加型のワークショップもあちらこちらで開かれるようになりました。

しかし、グループに分かれて話し合っても「話のテーマがはっきりしない」「何が決まったのかわからない」といった問題もしばしば起こります。参加した人たちが、それぞれの思いを話すだけでは、課題解決のためのワークにはなりません。

限定された地域での住民参加型ワークで起こりがちな問題点として以下のような事が考えられます。

①   地域のボスが持論をとうとうと話すことで、話し合いの方向性が決まってしまう。

②   無関心な住民の「特に意見はない」「話すことはない」などのネガティブ発言により場が白ける。

③   「何のための話し合いか」を参加者が理解していないため、話がなかなか進まない。

④   結論が出ない。

⑤   ワークショップの内容、結論をその場にいない住民は知らない。

このような問題点を解決していくためにはどうしたらよいのでしょうか。解決のヒントをいくつか紹介します。

①   地域のボスが持論をとうとうと話すことで、話し合いの方向性が決まってしまう⇒⇒⇒地域の序列や力関係は侮れません。しかし、それに配慮しすぎるとワークショップを開催した意味が無くなってしまいます。有力者もそうでない人もワークショップという場では共通のルールで話し合うことが大切です。予め発言の持ち時間を決めておき、それを基に調整し合うことも有効な方法です。

②   無関心な住民の「特に意見はない」「わからない」などのネガティブ発言により場が白ける⇒⇒⇒どのようなワークショップでも嫌々参加する人はいます。特に、地域での話し合いは「役員だから仕方なく」というケースもままあります。まずは、ネガティブな意見に引きずられないことが肝要です。予め、「他の意見を否定しない」「前向きな意見を出す」などを決めておくこともできますが、そのようなルールは無視されがちです。進行役は、諦めずに根気よく働きかけることが必要です。

③   「何のための話し合いか」を参加者が理解していないため、話がなかなか進まない⇒⇒⇒話し合いにぶっつけ本番は通用しません。主催者は事前に参加者にテーマや話し合いの結果が何につながるのかを知らせることが、ワークショップの成否を決めます。いきなり問われて意見を言える人はごく僅かです。住民が日頃思っていること、感じていることを意見としてまとめる時間が必要です。

④   結論が出ない⇒⇒⇒参加者それぞれが言いたいことを言うだけではワークショップにはなりません。意見を共有してその場でのまとめを結論とすることが一般的です。人の話を聞き、自分の意見を調整しながら、グループとしてのまとめを創り出していきます。進行役は、意見をまとめながら結論の落としどころを探ります。

⑤   ワークショップの内容、結論をその場にいない住民は知らない⇒⇒⇒これが一番の問題点です。地域の課題解決のためのワークショップを開いても、そこに参加していない住民は蚊帳の外では、なんの効果もありません。住民に理解し易い方法で繰り返し伝えていくことが重要です。

少しの準備とちょっとした工夫でワークショップは楽しい話し合いの場になります。次々生まれる地域課題を解決する住民力を強化するために「参加したいワークショップ」を創りましょう。