人生のやり残しをチェックする

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s悔いを減らす生き方とは

みなさんは、自分の人生に悔いはないですか?

終末期医療の専門家である大津秀一氏が、1,000人を越える患者さんたちの語った「やり残したこと」を集約した「死ぬときに後悔すること25」(大津秀一著・2009/5・致知出版社)を紹介します。

人生の最期を迎えたとき、私たちは何を悔いるのでしょうか?

まずは、次の25項目をチェックしてください。項目の中には、自分に当てはまらないこと、自分だけではどうしようもないこともあるかもしれません。しかし、「確かにそうだよね」と気づいた事を今から少しずつ実践していくことで、後悔を減らし、充実感をもって死を迎えられるようになるのではないでしょうか。そうなることを願って、私も「そうしたいけど、まだ出来ていないこと」を日常の中で実行するよう心がけていきたいと思います。

 

◆死ぬときに後悔すること25

1 健康を大切にしなかったこと

2 たばこを止めなかったこと

3 生前の意思を示さなかったこと

4 治療の意味を見失ってしまったこと

5 自分のやりたいことをやらなかったこと

6 夢をかなえられなかったこと

7 悪事に手を染めたこと

8 感情に振り回された一生を過ごしたこと

9 他人に優しくしなかったこと

10 自分が一番と信じて疑わなかったこと

11 遺産をどうするかを決めなかったこと

12 自分の葬儀を考えなかったこと

13 故郷に帰らなかったこと

14 美味しいものを食べておかなかったこと

15 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと

16 行きたい場所に旅行しなかったこと

17 会いたい人に会っておかなかったこと

18 記憶に残る恋愛をしなかったこと

19 結婚をしなかったこと

20 子供を育てなかったこと

21 子供を結婚させなかったこと

22 自分の生きた証を残さなかったこと

23 生と死の問題を乗り越えられなかったこと

24 神仏の教えを知らなかったこと

25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

 

私の母は、現在86歳で一人暮らしをしています。今度、会ったときに彼女の「人生の悔い」について語り合いたいと思います。彼女は、きっと「私の人生に悔いはない」とハッキリ言い切るでしょうが。