こころざし研究

「人生」や「活動」を通して積み重ねてきた様々な経験を「この時代の知恵」として未来につなぐ方法論の研究をします。

詳しくはこちら

NPOコンサルティング

5bfabb969cb82b176d6444347aeb3ba7_s

Web講座「活動の芯をつくる会議のもち方」などの会議進行や団体運営に役立つ情報提供や相談、出張講座などを行います。

詳しくはこちら

こころざし電子文庫

50bac89bd4cfff3aaa8442dba3085df1_s

人生の経験智を電子書籍化して全世界へ。身近になった電子出版をお手伝いし、電子書籍になった「思い」を文庫としてまとめてPRします。

詳しくはこちら

最新記事

魅力のない街「名古屋」でヒトが生み出す観光資源

今日は、7月1日に名古屋市立大学で開かれた「地域づくりセミナー」について、感じたことを書こうと思います。

私が研究員として籍を置く名古屋市立大学大学院人間文化研究科では、「観光学」という学問を研究している人たちがいます。「観光学」というのは、まだまだしっかり確立されたものではないそうですが、門外漢の私から見ても大変面白そうな研究です。

「人が演じる地域観光:文化・歴史・ローカルタレント」と題するこのセミナーは、武将のいでたちをした若者が名古屋をPRする「名古屋おもてなし武将隊」と大須を拠点に活動するご当地アイドル「OS✯U」を題材にして、それぞれの仕掛け人から様々なお話を伺いました。

そもそも、このセミナーの前提として語られたのは「名古屋には観光地としての魅力がない」というもので、その根拠のひとつに挙げられたのが、名古屋市観光文化交流局が2016年に実施した「都市ブランド・イメージ調査」です。それによると名古屋市は、札幌市、東京23区、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、福岡市の8都市の中で、「他都市の人たちにおすすめしたい魅力に欠けるまち」ワースト1。その理由として、全国に向けてアピールできる都市イメージが確立されていないとのことです。

私は名古屋市に住んだことはありませんので、この調査に参加した市民のみなさんの気持ちは分かりませんが、「そこまで魅力がないのかな」という感じです。というのも、私の幼い頃の名古屋は、実家のある豊橋からわざわざ電車に乗ってお出かけするのがとてもうれしく、特別な日にしか行くことが出来なかった魅力的な街だったからです。時の流れと共に状況が変わったとはいえ、この調査の選択肢の7都市と名古屋を比較することが妥当なのかも気になるところです。

そんな個人的な思いはさておき、「名古屋おもてなし武将隊」が誕生した経緯はとても興味深いものでした。2009年に結成した同武将隊は、名古屋市内外で観光プロモーションをする人たちですが、実は「名古屋開府400年」に合わせた名古屋市の「ふるさと雇用対策事業」の一環として誕生したそうです。役者やパフォーマンス経験のない失業中の若者が、ハローワークで募集広告を見て応募。オーディションを通過した14名でスタートしたとのこと。その後、順調に活動の幅を広げてきましたが、2012年4月に名古屋市から独立しました。

当初の行政事業から独立するというありがちなパターンですが、独立後の活動継続が難しいという問題もありがちです。その大きな理由が、しっかりした運営体制の維持が難しいこと。仕掛け人が考える「名古屋おもてなし武将隊」の成功要因は、事務局体制がしっかりしていたことで、その後、全国各地で誕生した後発の武将隊の中でも運営体制が弱いところは失敗してしまったとのことです。

当然のことながら、行政事業として運営している間は、職員がサポートしますので安定的な運営ができますが、一旦、その手を離れてしまうと組織を動かしていく事務局の弱体化は避けられません。それをどう乗り越えて体制強化していくかが大きな課題です。私も行政の組織内で人材育成事業に関わった経験があり、その事業を「民間化できるか」という問いといつも向き合ってきました。特に「事務局機能を誰が担うのか」という問題は、最後まで答えが出ませんでした。

ひとくちに事務局といっても、単に事務作業をしているだけではなく、運営のマネジメントを担わなくてはなりません。団体自らが運営費を稼いでいかなくてはならない場合、事業開発や広報戦略などが必要になってきます。このような役割を果たせる人材が確保できなければ、安定的運営が難しく、そのようなところには仕事の依頼がなかなかきません。仕事がなければ活動経費の調達が出来ず、継続が難しくなるというような展開が容易に想像できます。

「名古屋おもてなし武将隊」の収入源は、イベントやコンベンションなどでの「演武出演」、関連グッズなどの「ロイヤリティ」、「観光ツアー」などで、こうした「稼ぎの種」を今後もどんどん生み出していけるかが、継続のための重要なポイントだと思います。特に、雇用対策としてスタートした事業を、行政の手を離れ独立し継続している現在、「名古屋おもてなし武将隊」のみなさんがどのような事業に変化させようとしているのか大変興味深いです。

組織を強くする出張講座

「みんなで考える会議」講座

あなたの拠点で開講します!!

新たに市民活動団体を立ち上げたものの「何から手を付けていいのか分からない」「自分たちだけでは不安」「話し合いがまとまらない」など、お困りではありませんか?

そんな時には、当研究所の講座「みんなで考える会議」をご活用ください。現状の問題を解決する道がきっと見つかります。

活動拠点で開講しますので、みなさんの現状に合った課題解決に必要な知識や情報を得ることができます。また、その場で自分たちの「ミッション」や「ビジョン」、「活動計画」を創り上げていくことができますので、受講するだけで団体の基礎固めができます

お問い合わせは、当サイトの「お問い合わせ」フォームからお願いします。詳細については、個別に対応させて頂きます。

© 2016 こころざし研究所